メインページのGoogleアドセンスで

メインページの左側サイドバーのGoogleアドセンスで、占いに関するリンクが多く表示されています。これはメニューバーのカテゴリのなかに「占い」があるせいでしょう。

占いは子どもの頃から興味を持っていて、雑誌「My Birthday」だったと思いますが、たしか創刊された頃(古っ!)には欠かさず買っていました。もう記憶が曖昧なんですが、たぶんその前後で西洋占星術のおもしろさにとりつかれ、小学校高学年にして、ルル・ラブアさんの本を買って、手計算、手書きでホロスコープを書いていたりしました。
その後少ししてからタロットにも手を出しました。

ホロスコープを手書きするのは計算などがけっこう面倒だったのと、恒星表という惑星のそのときの地球から見た角度の表を何年分か一覧にした本がものすごく高くて手に入れられなかったせいもあって、一時期の熱が去ると、本はかたわらに置いておきつつも、あまり関心を持つこともなく過ごしてきました。

それが変わったのは、NiftyServeでパソコン通信を始めてしばらくしてStargazerという西洋占星術用ソフトに出会ってから。高い恒星表本がなくても、面倒な計算をしなくても、データを入れさえすれば瞬時にホロスコープを表示してくれ、座相も計算して表示してくれます。あとはホロスコープを見ていろいろ検討したり解釈したり。占いの肝心なところの前段階での手間がほとんどかからなくなったんです。

これにははまりました。
自分自身、いろいろ悩んでいた時期だったこともあり、人のも含め、毎日ほとんどホロスコープを見ていました。

その後、自分自身が忙しくなったり、パソコンを入れ替えてStargazerを入れてなかったこともあり、またしばらく占いから離れていたのですが、たまに見てみたりして人生を考える(大げさ)のもいいよねと、最近またインストールしてみました。
で、そのときどきに見たものや感想を書いてみてもいいかなと、占いというカテゴリを作ったのです。

そのうち気が向いたら、占い関連のことをボチボチと書いていこうと思います。

ちなみに、ソフト作成者の方の許可を得ていないこともあり、Stargazerで出力したホロスコープ図をこのブログにそのまま載せることはありませんので、この点は悪しからず。
それから私はプロではないので、もし頼まれたとしても鑑定はしません(頼む人はいないと思いますが)。基本的には社会の事象や周りの人間や自分のことを題材に気が向いたとき気が向くまま、ですので、よろしくです。


Stargazer for Windowsではじめるパソコン占星学
4774106550小曽根 秋男

技術評論社 1998-11
売り上げランキング : 8,493
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アーカイブ