2008年1月アーカイブ

ミントの鉢のキャットフード

今日、昼間見てみたら、きれいになくなってました。

やっぱり貯めておいて食べたということでしょうね。

庭に来るお客さん-猫の貯食-

今日も今日とてバラを植えるための穴掘りしていました。

穴掘りの前に、軒下で雨のかからないところにある鉢に水やりしていたところ、ふと違和感を感じる鉢が一つ。
スペアミントを植えてある鉢なんですが、これは雨がかかるところに置いてあって、昨日雨が降ったのに土が一部分乾いています。

???と頭にクエスチョンマークいくつも浮かべながら、近づいてよく見ると、鉢のなかに何かあります。
ちょっと掘り返してみると……。

cat_chosyoku1_web.jpg

cat_chosyoku2_web.jpg

キャットフードのようです。
下の写真は、ちょっとぼけてますが、Yの字の形をしたのやら、魚の形をしたのやらが、いくつも埋めてありました。
どうやら猫が余った餌を隠していったみたいです。

近所にはあまり多くの猫はいないのですが、以前休日で家にいたときに、うちの庭を猫が悠々と横切っていったのを見たことがあります。
バラのために掘り返して準備した、土がふかふかで、おまけに軒下で雨がかからず、建物に沿って歩けるところに、猫の足跡がついていることもたびたびです。

貯食するということは、飼い猫ではないと思うので、だれか近所で野良猫に餌をやっている人がいるのでしょうか。
とりあえず、これはこのまま置いておいてやることにしました。


ところで、もう一つ。
猫の通り道と思われる西側裏手にある雨樋下の浸透ますのふたを、夕方ふと開けてみたら……。
小鳥の死骸が入ってる!!!!!

うちの浸透ますのふたは、強い風が吹くとあおられて動いてしまうぐらいの重さしかありません。
つまり簡単に開けられます。
雨樋から、あの大きさのものが流れてくるなんて考えられないので、もしかして、これも猫の仕業???

こっちは明日何が何でも片付けます!
ついでに浸透ますのふたに大きめの石でものっけておかなきゃ。

ローズゼラニウムの徒長

12月初旬頃に家のなかに取り込んだセンテッドゼラニウム(ローズ)が、ひょろひょろと徒長してしまいました。

以前、センテッドゼラニウムにはまって、オレンジやナツメグの香りのものなど、何種類も栽培していたときには、冬に家のなかに取り込んでも、全然徒長しなかったのに。

いまの家では、置いていた1階リビングの日当たりの時間の関係で明るさが足りないのかもと思い、2階ホールの窓際に移して2週間。
まずまずという感じかな?

徒長してだらしなくのたくってしまったところは、2階に移したときに、つくも八卦つかぬも八卦とばかりに、切って同じ鉢に2本挿してみたのですが、2週間の間に一度けっこう乾燥させてしまったせいか、葉っぱがたるんとしてしまってます。
でも、まだ先端の芽は緑色で元気なので、こんないい加減でも、もしかしたらちゃんとつくかも。
この写真では、よくわかりませんが、いったん下を向いた枝から、芽に近い部分だけ、しっかり上を向いています。

水やりで動かしたりするたびに、いい香りが漂います。

Scented_Geraniums20070112_w.jpg

年が明けても相変わらずの穴掘りの日々

今年もどうぞよろしくお願いします。


この年末年始のお休みは、年明け早々、元日から穴掘りをしていました。おせちを作っていた31日を除いた年末も。暮れも押し迫ってからローズ・オブ・ローゼズから苗が届いたからです。

庭をバラで埋め尽くしたいとばかりに何本も発注していて(15本)、庭の穴掘りと土づくりが追いついていなかったので、早く植えてやらなきゃ、と焦る日々でした。

本によると、根を乾かさないようにしてビニールでくるんでやっていれば2週間くらいは平気らしいので、箱を開けて、全体に湿るように、ごく少量の水をかけ、届いた箱のまま丸ごとシェッドに入れて保管。

本植え・仮植えも含めて9本まで終了。
残すところあと6本で、連休は終わり。
残りは次の連休終了前には植えてしまう予定です。
寒いのはいやなんですが、平日朝、出勤前の時間も使って。

植えるのに、なぜこれだけ時間がかかっているのかは、掘り上げた土を、粗めのふるいでふるうのにけっこう時間がかかるからです。
穴掘り自体は、何回もやって慣れたせいか、よっぽどその場所にガレキが埋まってない限り、深さ50センチくらいの穴を30分くらいで掘れるようになったのですが、うちの敷地は、以前、家が建っていたところを取り壊して造成しなおしてあるため、土のなかに、地表に敷いていたらしい砕石、コンクリートのガレキ、クギ、ガラスの破片、陶器のカケラ、金属片などが混じっていて、選り分けないと危ないのです。
けっこう細かいものもあるため、掘り上げた土を、ちょっとかき分けたくらいでは、見つけられないものも。

なので、せっせせっせとふるうのですが、これに時間がかかります。(泣)
ローム層の固まりをほぐしながらふるって、堆肥と腐葉土を混ぜます。
穴掘りのときにコンクリートのガレキにぶつかったりすると、掘ること自体にもすごく時間がかかって、1日に植え穴一つ準備するので精一杯だったりします。

バラほど深く掘らなくていいものの、ほかの植物を植えるスペースも全部、穴掘って土ふるい終わるのは、いつになることやら。
できれば3月ぐらいまでには済ませたいのですけどね。

    

他利用サイト

twitter_24x24.png tumblr_24x24.png flickr_24x24.png facebook_24x24.png

このアーカイブについて

このページには、2008年1月の記事です。

前のアーカイブ:「2007年12月」

次のアーカイブ:「2008年2月」

最近のコンテンツはこちらです。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アーカイブ